北アメリカでおすすめのビーチリゾート

画像参照:TANAKA Juuyoh (田中十洋)

北アメリカでおすすめのビーチリゾートであるカンクンは、メキシコ合衆国の南東部のカリブ海沿岸、ユカタン半島の先端に位置する観光都市で、1970年代にメキシコ政府の先導で開発されたリゾート地となっています。

年間で300万人を超える観光客やセレブが訪れる世界的に知名度の高い北アメリカのリゾート地となっており、最大幅400m、長さ20kmの白浜の砂州でカリブ海と2つのラグーンに囲まれています。ビーチは真っ白なパウダーサウンドのビーチとターコイズブルーの海は美しく、存分にマリンスポーツを満喫でき、イルカと泳ぐツアーや無人島への日帰りピクニックツアーなども充実しています。市街地は珊瑚礁の周りのホテルゾーンとダウンタウンに別れており、ホテルゾーンの周りには100軒を超える高級リゾートホテルや豪華な別荘が立ち並んでいます。

また、カンクンの魅力は美しい海の他、足をのばせば触れられるマヤ文明の古代のロマンです。カンクン周辺地域には、羽根毛の蛇のピラミッドが有名なチチェン・イッツァ遺跡、カリブ海の美しさとマヤの神殿の組み合わせが印象的なトゥルル遺跡、ユカタン北部最大と言われるピラミッド神殿が残るコバ遺跡などがあります。これらの遺跡とセットでカンクンに来る人も多く、他のビーチリゾートでは決して望む事のできない、カンクンならではの楽しみの一つであり、大きな特徴であり、北アメリカのビーチリゾートはおすすめです。